住まいができるまで

01 ご来店・ご要望の整理

完成イメージやご希望時期、ご予算などお客様のご希望をお聞きして、住まいづくりに対するわたしたちの考え方をご説明します。必ず事前にお問い合わせの上、ご来店ください。

02 打ち合わせ

計画敷地や既存建物の実測などの現地調査をふまえて、スケッチによる提案のほか、打ち合わせを重ねて図面を修正し、基本プランを確定。概算予算を提示します。

03 設計契約

これまでの打ち合わせにもとづいて、模型を制作。仕様書や仕上げ表、各種図面などをまとめた設計図書を作成します。ここで、住まいの間取りが決定します。

04 お見積書の提出

基本プラン(設計図書)をもとに、お見積もりをいたします。工事内容をご説明して、お見積もり書を提出いたします。

05 工事請負契約

発注者、請負者、基本プラン、工事金額、支払い条件、スケジュールなどを明記。それぞれについてご説明し、本契約を行います。

06 地鎮祭

建物を建てる際などに、工事の無事や安全、建物の繁栄を願う儀式のこと。神職をお招きして神様にお供え物をし、お祓いをして敷地を清め、工事の無事を祈ります。

07 基礎工事

地面と建物をつないで建物の足元を支える、大切な役割を担う基礎の部分を立ち上げます。

08 上棟

基礎ができたら、土台・柱・梁などを組み上げて骨組みをつくります。最上部に棟木と呼ばれる部材を上げたら、無事に棟が上がったことを祝い、今後の工事の安全を祈願する上棟式を行います。

09 本体・外構工事

屋根の設置や外壁の下地づくりを終えたら、玄関のドアやサッシなど外部の建具を取り付けます。配線や配管工事、床材やクロス貼り、塗装やタイル工事、設備機器を設置するほか、建物の外にある門やアプローチ、植栽や車庫などの工事も。細部まで確認しながら進めていきます。

10 工事完了・お引き渡し

お客様と工事監理者が、完成した住まいを検査。役所の検査に合格した後、お客様と工事責任者、設計者が立ち会って仕上がりを再確認。お引き渡しの際には、設備機器についてご説明いたします。

11 定期点検

長く住み続けるためには、1年、2年、5年、10年と定期的にケアをすることがポイント。建てた後も保守点検を行います。