施工事例

耐震補強工事

SEISMIC RETROFIT

耐震設計から改修を一貫して行うことができるのは、技術や経験に裏打ちされた的確な目利きはもちろん、さまざまな災害に建物がどこまで耐えられるのかを確認するための構造計算をすることができる「耐震のプロ」が存在するから。住まいの耐震診断のほか、診断結果にもとづいて補強計画を行う耐震設計をご提案しています。

耐震補強工事とは

建物がこわれないように、すじかいや合板などのボード類を取り付けて
強度を増した耐力壁をつくります。
※イラストはイメージです。

耐震シェルター

耐震補強の工法のひとつ。建物全体の耐震改修がむずかしい場合、
いざという時に逃げ込むためのスペースを頑強なフレームでつくります。

J-pod

国産の杉材を使ったフレームを設置、システム化されているので工期は短めです。杉の木目や香りに包まれる、心やすらぐスペースが完成します。
※イラストはイメージです。

レスキュールーム

一部屋に鉄骨を組み込んで四隅に間仕切り壁をつくるため、空間としては小さくなりますが、どんな間取りにも対応できます。
※イラストはイメージです。

耐震診断実績

和泉市、泉大津市、大阪市、大阪狭山市、河内長野市、岸和田市、堺市、高石市、高槻市、富田林市、羽曳野市、東大阪市、八尾市、泉南郡熊取町、泉北郡忠岡町、南河内郡太子町、南河内郡千早赤阪村

耐震改修実績

和泉市、泉大津市、大阪市、岸和田市、堺市、高石市、富田林市

ご存じですか?

市町村によっては、耐震診断や耐震設計、耐震改修にかかる費用の一部を補助する制度があります。ルールや手続き、補助金額などは市町村によって異なりますので、ご来店前に、お住まいの市町村へお問い合わせください。